«  2015年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月 4日

image.jpgこんにちは。
歯科衛生士北村です。

まだまだ寒い日もありますが、暖かい日が増え、
3月に入り、周りは卒業シーズンになってきました。

私事ですが、うちにも中3の娘がいて、
先日無事高校の合格を貰え卒業を迎える事になりました。
まだ試験が残っている人もあると思います。
その人は頑張って下さい!!

いつも定期的に受けていたフッ素のおかげで娘はむし歯知らず。
でも受験で後回しになっていたので予約を取りました。
みなさんも春から色々と新しく始まる事もあると思います。
その前に後回しになっているは歯医者の予約とってみませんか?

2015年2月17日

DH 岡田です

毎日 癒されています

火を使わない「本物」のキャンドル
「炎の揺らぎ」を忠実に再現したLEDキャンドルです

ふと目をむけると 一瞬時間がとまったようです

ほのかにアロマの香りもして お気に入りです

1番チェアにあります(*^_^*)

image.jpgのサムネール画像

2015年2月11日

こんにちは、受付の的場です。

一週間ほど前になりますが、
スリッパラックが新しくなりました!

以前のラックは取っ手が硬く、
少し開けにくいと思われる方も
いらっしゃったかも知れません...

現在のラックは取っ手が軽く、
簡単に開けられます!

また、歯の形の窓がついた
可愛いデザインなんです♪

ご来院の際には是非、
新しいラックにもご注目下さいませ!

2015年1月23日

歯科衛生士の小川です。

先日、勉強会に参加してきました!

今回はフリーランスの歯科衛生士、石原美樹さんのセミナーです♪

内容は『わかる・差がつく!実践のSRP
使いこなそう超音波スケーラー』でした。

歯科衛生士にとって超音波スケーラーは必需品です!

毎日使うものだからこそ、
改めて機械の特徴を知り、
使いこなしたいと思ってセミナーに参加しました。

そして歯石取りの時間を効率的に行って、
もっと患者さんとのコミュニケーションに使いたいです。

些細な事でもお話下さい(-^ᴗ^-)

2015年1月14日


お口の病気はお口の中だけのものと考えてませんか?
実は歯周病はお口の中の病気のひとつではありますが、
身体の中の様々な状態とも関連しているため、
身体にも影響を及ぼすということがわかってきました。

特に歯周病と関連があると言われているのが
・糖尿病
・心疾患
・早期低体重児出産
・誤嚥性肺炎
・骨粗鬆症
といわれています。

特に糖尿病の人はそうでない人に比べて歯周病になりやすく
さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという
逆の関係も明らかになってきました。

歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があっても
不思議ではありません。
毎日の生活習慣を見直し、歯周病を予防することが
全身の生活習慣病を予防することにつながります。

口腔ケアも自分1人できちんと行うのは難しいです。
生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

2015年1月 6日

こんにちは。
衛生士の大辻です。

4日までお正月休みだったので
ディズニーランドとシーへ行ってきました。

ディズニーは何回行っても飽きないだけでなく、
感動や幸福感を与えてくれる場所だと思います。

その理由の一つに
働いているスタッフの方々の対応が素晴らしさが挙げられます。

みなさんは凄く笑顔が素敵です。
そして、質問した時は仕事の手を止めて目を見て丁寧に対応して下さいます。

これらの事は簡単なように思えますが、
意識していないとなかなか出来ない時があります。
ついつい、何か書きながら患者様と対応したり、
目線が違う方へいったり、
マスクをしたまま話してしまったり、、、

など、日頃忘れがちな事はたくさんあります。

やはり、丁寧に対応してもらうと患者様にも喜んでもらえるのと、
安心感を与えられます。
そしたら患者様がリラックスして話せる空間作りが出来るので
そこでやっと信頼関係を築けるようなります。
これからもその事をいつも意識しつつ私なりに頑張っていきますので、
今年もよろしくお願い致します。

2014年12月17日

こんにちは。助手の加藤です。

毎年、この時期専門学校の実習生が来てくれています。

今日は毎日頑張ってくれている実習生を紹介したいと思います(*^_^*)


12月8日から実習でお世話になっています。

奈良歯科衛生士専門学校の森岡です。

先生とスタッフの皆さまから色々な事を教えていただきながら、

患者様に寄り添っていける衛生士になれるように学んでいきたいと思います。

至らないところもあると思いますが頑張っていきますので
よろしくお願いします。
森岡


短い間ですが、実習生と一緒に学びながら楽しく過ごしたいと思います。

2014年12月10日

こんにちは。院長の仲川です。

アメリカで暮らす人々にとって"白く美しい歯"は大切なステイタスの一つです。
日頃のケアを怠り美しい歯を保てないビジネスマンは
"仕事が出来ない人間"とすら思われてしまします。

それほど歯に対する意識は高いのです。

一方、日本はというと歯は"ものを噛めれば良い"といった程度の認識で
歯の白さに対する関心度はまだまだ低いのですが、ここ数年ですこしずつ
意識が高まりつつあるのも事実です。

歯を美しく保つことは身だしなみの一つです。
いくらお洒落をしても歯が汚れているなどのケアがおろそかになっていては
すべてが台無しです。

欧米では、すでに定期的な"歯のクリーニング"はごく一般的です。

日本でも散発に行く感覚で歯科医院訪を訪ねられると良いですね。

『プロによるケア』は見た目の美しさ手を入れるだけでなく、
歯の健康を保つための手段だと考えてみてはいかがでしょうか。

2014年11月26日

こんにちは。
歯科衛生士の北村です。

先日歯ブラシのCMをみました。


そのとき改めて思ったのが、毎日ていねいに磨いていても
1か月以上同じ歯ブラシを使っていたら

綺麗に磨けていない。

という事です。


当院では毛先の細い歯ブラシを勧めています
歯ブラシは1カ月近く使っていると毛先が広がったり、
広がっていなくても毛先がなえてしまい汚れ(プラーク)が残っていることが
多くなり虫歯や歯周病に繋がります。

なんで、歯ブラシは定期的に交換しましょう!

☆交換時期は、月初め等自分で目安を作る事をお勧めします(^-^)

2014年11月16日

こんにちは
歯科衛生士の岡田です

フッ化物配合歯磨剤を使用されている方
多いと思います

フッ化物によるう蝕予防の視点から
歯とフッ化物が十分に反応するためには
2分程度の反応時間が必要です

ブラッシング時 長く時間をかけると
フッ化物配合歯磨剤が唾液で希釈されて
フッ化物濃度が300ppm以下になると
それ以上ブラッシングを続けても
フッ化カルシウムは生成されず
フッ化物の歯面への留まる量は
増加しません

2分程度を目安にブラッシングを行い
歯磨剤を歯面全体に届かせるように
手早く行いましょう

ただ 歯肉炎の予防には
歯茎部のプラーク除去が重要なので
丁寧にブラッシングする必要があります

歯肉炎予防とう蝕予防をかねたブラッシングでは
最初は丁寧にゆっくりと磨き
最後の2分間でフッ化物配合歯磨剤を
用いることをおすすめします

フッ化物配合歯磨剤でのブラッシング後には
少量の水でできるだけ洗口回数は
少ない方がいいですよ!

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

仲川歯科クリニック 院長 仲川宗義
仲川歯科クリニック
http://www.nakagawa-shika-clinic.jp/
院長 仲川宗義

【略歴】
1988年 大阪歯科大学卒業
1988年 有山歯科診療所西大寺勤務
1990年 有山歯科診療所学園前勤務
1991年 仲川歯科クリニック開院