トップへ » 予防中心という考え方 » 歯科衛生士の役割

歯科衛生士が患者さんと二人三脚でサポートします

歯科衛生士の役割

歯科医院における歯科衛生士の役割は、患者さんのお口を健康に導くためにサポートすることです。お互いの信頼関係を築いていくことで患者さんの予防意識が高まり、大切な歯を虫歯や歯周病から守ることができます。

当クリニックでは、歯科衛生士と患者さんの二人三脚によるメインテナンスを行っています。お互いにコミュニケーションを深めながら、歯のクリーニングや歯磨き指導などをとおして、虫歯や歯周病のない健康な歯へと導きます。
 
口腔内写真撮影にご協力ください歯科衛生士の役割
当院では、お口の中の写真撮影をさせて頂いております。写真は、現状の説明、適切な治療方針の決定、治療効果の確認などに使わせていただいております。

歯科衛生士の役割

また、歯科専用のソフトウェア「デンタルテン(DentalX)」を用いて、お口の中の状態について、検査結果をグラフ化して一元的に管理しています。

「デンタルテン(DentalX)」について

担当衛生士が悪いところをいち早く察知

歯科衛生士の役割しばらくぶりにメインテナンスを受けた患者さんは、歯肉の状態が悪化していることがあります。そんなときは、歯科衛生士が「前回より状態が悪いようですが、何かありましたか?」と質問します。多くの方はお心あたりがあるようで、質問されたことで安心する方も少なくありません。時には、仕事やプライベートなどで大きな変化があったことを話してくださる方もいらっしゃいます。お口の中は臓器ですので、ちょっとしたストレスを受けただけでも変化が現れます。

質問することで患者さんとのコミュニケーションが生まれ、原因に合わせた適切な指導もできます。日ごろの口腔ケアで心配なことがありましたら、遠慮なくお話しください。

専任の歯科衛生士が責任を持って管理します

歯科衛生士の役割常に患者さんの状態を把握するように心がけていますが、お口の中の状態の変化を察知できるのは、担当している歯科衛生士だけです。もしも担当者が毎回交代すると、一から把握しなければなりません。もちろん、患者さんにも不安な気持ちを与えてしまいます。

当クリニックでは、担当歯科衛生士による診療を行っています。一人ひとりの患者さんに専任の歯科衛生士がつきますので、お口の中の状態を常に把握することができます。専任担当者が歯の健康を継続的に管理いたしますので、お口の中のちょっとした変化も見逃すことがありません。虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にもつながります。

患者さんとの密接な信頼関係を築きながら、より良い口腔内環境を整えていきますので、口腔ケアや治療に関するご質問などがありましたら、歯科衛生士までお気軽にお話しください。

結果を視覚化することで患者さんのモチベーションを高める

歯科衛生士の役割歯周病治療は通院期間が長引く上に、患者さんご自身で改善状況を把握することが難しいため、途中で治療を諦めてしまうことがあります。患者さんの意欲を盛り上げ、口腔ケアの継続を促してあげることも、歯科衛生士の重要な役割です。

当クリニックでは、患者さんのモチベーションを高めるために、歯科衛生士がさまざまなツールを活用して説明をしています。口腔内写真の撮影や歯周検査を行い、出血状態の変化をグラフ化してお見せします。治療経過を視覚化することで状態が改善されていることが理解でき、多くの方が継続することの大切さを納得されます。

コミュニケーションを深めてモチベーションを高める
また、コミュニケーションを取りながら、患者さんを励まして支えてあげることも歯科衛生士の大切な努め。当クリニックの歯科衛生士は、患者さんの気持ちを理解しながら励ましの声をかけることで、モチベーションを高めていきます。最後までしっかりサポートできるのも、担当歯科衛生士ならではといえます。

患者さんが気持ち良く通院していただけるように常に心がけていますので、ご心配なことがありましたら、遠慮せずに歯科衛生士までご相談ください。

より高度な技術で患者さんの歯の健康を守ります

歯科衛生士の役割歯の予防意識が高まり、率先してメインテナンスを受けに来る方が増えてきました。メインテナンスにおいて重要な役割を担っているのは歯科衛生士です。特に歯周病の治療には、より高い診断力と高度な専門技術が求められています。

当クリニックの歯科衛生士は、常により高い技術力を求め、勉強会や研修会に積極的に参加しています。勉強会に参加することでモチベーションが高まり、患者さんのニーズに合せたメインテナンスが行えるようになります。当院の歯科衛生士が、優れた診断力と高度な専門技術で、お口の中の状態を健康に保ちます。

私たちが治療しています

歯周病治療1
症例<術前>
今まで定期的に半年に1度歯科医院でクリーニングを受けていましたが、出血や腫れが治らないと言って受診されました。
全体の歯茎が腫れており、歯茎との境目にプラークや歯石が付着していました。歯茎の中にもたくさん歯石が付着しており、歯周ポケットも深く、歯周病がかなり進行していました。
次へ
症例<術後>
正しいブラッシングを指導し、歯ブラシを歯科用に変えてもらい、歯石取りを行いました。
初診から半年後には腫れ、出血はなくなり、本人も満足されていました。

歯周病治療2
症例<術前>
朝起きたら枕に血が付着している、お口の中が気持ち悪いとの事で来院されました。
毎日歯磨きされてるみたいですが、プラークがたくさん付着していて歯ぐきが赤く腫れあがって炎症がひどい状態です。
次へ
症例<術後>
毎食後の正しいブラッシングとうがい薬を併用してもらい、毎日頑張って続けてもらいました。
今では枕に血が付着することなく快適に過ごされています。
歯も抜かなくてすみました。


トップへ » 予防中心という考え方 » 歯科衛生士の役割



TOP