トップへ » 予防中心という考え方

生涯、食事ができる歯でいられるために

予防中心という考え方

当クリニックの診療方針は、治療中心ではなく、予防を中心とした考え方で治療を進めます。もちろん歯科医院ですので、虫歯や歯周病で駆け込んで来る方がいれば、再発しないようにきちんと治療をいたします。しかし、その後の口腔ケアを怠っていると、歯と詰め物の間から新しい虫歯ができて、せっかくの治療も台なしです。この再治療の繰り返しが、歯を失う原因となっています。

悪循環を断ち切るには、口腔ケアを徹底して行うことしかありません。お口の中が健康になれば、虫歯菌や歯周病菌も繁殖しません。生涯、ご自身の歯で食事をしていただきたい。その想いから、当クリニックでは、口腔ケアの徹底とメインテナンスの大切さをお伝えしています。

メインテナンスが再治療の繰り返しを断ち切る

予防中心治療後の患者さんの治療経過を観察していると、初めは小さな虫歯でも、削って詰めて、そこから虫歯に感染してまた削り、さらに抜髄(神経を取る)処置を施して被せ物を入れて、再び虫歯で治療する、こんな悪循環が続いています。私たち歯科医師は、日々こうした現実に直面していますが、削れる歯がどんどんなくなっていくのを見ていると、何としても負の連鎖を断ち切らねばと、強く感じずにはいられません。

患者さんとお話しをしていると、歯が痛くなったから治療に来たと言いますが、実はそこから負のスパイラルが始まっています。悪循環を断ち切るためにも、悪くなったら歯科医院に行くという考えを捨て、歯の健康を守るために歯科医院に行く習慣を身につけてください。

歯科医師・歯科衛生士・専門スタッフが一丸となって、患者さんの歯を健康へと導きますので、皆さんの定期的な通院をお待ちしています。


トップへ » 予防中心という考え方



TOP