トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 予防歯科

歯を抜かず、削らずに、健康を維持するために

予防歯科

●しっかり歯を磨いているのに、虫歯ができてしまった
●歯の表面がザラザラしていて気持ち悪い
●歯周病にならないように、口の中をコントロールしたい

歯磨きでは落としきれない汚れが残っていると、それが原因で虫歯や歯周病になってしまいます。歯科医院でお口の中の状態の定期チェックを受けることで、虫歯や歯周病の感染リスクを抑えて、お口の中を健康に保つことができます。

当クリニックでは、お口の中の健康を維持するために、メインテナンスを重視した予防歯科に取り組んでいます。メインテナンスを受けることで、お口の中の環境が快適な状態に整い、虫歯や歯周病の早期発見・治療にもつながります。一人ひとりに合わせたきめ細やかなメインテナンスで、地域の皆さんの歯の健康をお守りいたします。

虫歯や歯周病にならないための予防歯科
予防歯科とは、お口の中を健康な状態に保つことを目的とした予防的な処置のこと。定期的に受診することでお口の中を健康にし、虫歯や歯周病の感染予防と早期発見・治療につなげることができます。特に、歯質が弱い方や再治療を繰り返している方は、虫歯や歯周病のリスクが高まる傾向にあります。定期的にメインテナンスを受けて、感染リスクを防ぎましょう。

メインテナンスで細菌を根絶

予防歯科治療後、安定した状態を保ち続けるには、その後のメインテナンスが不可欠です。毎日の歯磨きやプロフェッショナルケアを怠っていると、お口の中の状態が悪化して、場合によっては再治療が必要となります。再治療を繰り返していると、やがては歯を失うことに。

再治療による悪循環を根絶するには、プロフェッショナルケアを受けてお口の中の細菌をコントロールすることです。虫歯にならない、歯周病を進行させないためにも、定期的なメインテナンスをおすすめしています。

<メインテナンスを受けるメリット>
●お口の中を健康に保ち、虫歯・歯周病の予防と早期発見・治療ができる
●早期発見により、治療に伴う痛みや、期間・費用を低減できる
●汚れを隅々まで落としていくので、お口の中がスッキリする

定期検診で歯と全身の健康を維持

定期検診当クリニックでは、虫歯や歯周病から患者さんの歯をお守りするために定期検診を実施しています。定期検診では、お口の中の状態を確認し、汚れの残り具合を見ながら、正しい歯磨き方法を指導します。また、歯のクリーニングを行って、普段の歯磨きでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石をキレイに除去します。

お口の中の環境を整えることで、虫歯・歯周病を防ぐことができます。全身の健康を維持するためにも、3か月に一度の定期検診をおすすめします。

メインテナンスで歯の寿命を引き延ばそう
厚生労働省が「8020運動」を推し進めてから、歯に対する意識が高まり、定期検診を受ける方が増えてきました。しかし、80歳の方で歯が残っている本数はたった7~8本。これに対して歯の先進国スウェーデンでは約25本と多く、入れ歯を使っている人の割合は全人口のわずか1.7%にすぎません。

スウェーデンでは定期検診が義務化されていて、大人で80%以上、子どもではほぼ100%の受診率だと言います。ところが、日本人の受診率は10%程度。圧倒的に少ない数字です。定期的なメインテナンスの有無が、歯の寿命に関わっていることがわかります。大切な歯を守るためにも、定期検診の受診をおすすめしています。

当クリニックの定期検診メニュー

定期検診では、歯の汚れや歯石を取り除くスケーリング、本格的な歯のクリーニングPMTCなど、お口の中を健康に保つメニューをご用意しています。

【スケーリング】ガンコな汚れをキレイに取り除く定期検診メニュー
歯の表面や歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)に溜まった汚れや歯垢は、自分で取り除くことができません。こうした汚れを取り除く処置が、スケーリングです。歯科衛生士が専用器具を使って丁寧に除去します。処置後は歯肉が引き締まって虫歯や歯周病を防ぎ、お口の中の嫌な臭いもなくなります。再付着を防ぐためにも、定期的なスケーリングをおすすめしています。

お口の中にさわやかさが広がる【PMTC】定期検診メニュー
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科衛生士が行う本格的な歯のクリーニングのこと。歯科衛生士が専用器具を使い、歯の表面に付着した汚れを1本1本摂り除いていきます。使用する器具はシリコンゴムなどの柔らかい素材でできていますので、ソフトな刺激で歯や歯周ポケット内の汚れもキレイに落とせます。仕上げに研磨剤を使って丁寧に磨きあげるので、歯の表面がつるつるになり、お口の中全体に爽やかさが広がります。

虫歯知らずの丈夫な歯を作る【フッ素塗布】
フッ素には歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑える効果があります。最近ではフッ素ジェルやフッ素洗口剤、あるいはフッ素入り歯磨き剤なども市販されています。その中でも最も予防効果が優れているのが、歯科医院が使用するフッ素です。なお、フッ素の持続効果は3~4か月程度ですので、予防効果を持続させるためにも、定期的な塗布をおすすめします。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 予防歯科



TOP