トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 小児歯科

小児歯科

小児歯科

●診察室のキーンという音を聞いただけで泣き出してしまう
●白衣を着たドクターが怖くて、診察室に1人で入れない
●治療をするときに押さえつけられてから、歯医者が苦手になってしまった

あなたのお子さんも、同じような経験をしたことがありませんか。歯医者さんが苦手なお子さんの多くは、こうした経験が原因のようです。歯医者さんでの不安や恐怖がトラウマとなり、歯医者さん嫌いな大人にさせてしまいます。

当クリニックの小児歯科は、お子さんの心に不安を残さない、子どもに優しい治療を心がけています。診察室では、院長がお子さんと目線を合わせながら楽しく進めていきますので、治療を嫌がったり泣いたりする子はほとんどいません。会話に気を取られているうちに治療が終わっていますので、元気な笑顔で診察室を出て行きます。

お子さんが伸び伸びとできる環境を整えていますので、1人で治療が受けられます。当クリニックの小児歯科で、明るく元気で歯が丈夫なお子さんに育てましょう。

院長と一緒に遊べる楽しい小児歯科

小児歯科お子さんが診察中にぎゅっと口を閉じてしまうのは、歯医者さんが怖い場所だと感じているからです。もし歯医者さんが「楽しい場所」であれば、ドクターが何も言わなくても、自ら大きな口をあけてくれて治療がしやすくなります。

当クリニックの診察室には、お子さんの笑い声があふれています。院長はお子さんの気持ちになりきって、仲良くなっていきます。時には仮面ライダーの敵役になりきったり、歌を歌って笑わせたり。お子さんの興味を引きながら、どんどん距離を縮めていきますので、お子さんの意識を歯に集中させません。気づいたときには治療が終わっています。お子さん1人でも診察できますので、ご安心ください。

暴れる子どもには、時には愛情を持って厳しく接します

小児歯科治療中に怖い思いを経験したお子さんは、恐怖心が芽生えてしまい、その後の治療にも悪い影響を与えます。また、嫌がるのに無理に治療をすると、お口の中を傷つける事故にもつながるため大変危険です。お子さんは、時間をかければやがて歯医者さんに慣れてきます。小児歯科においては、じっくり待つことも治療の一つです。

当クリニックでは、嫌がるお子さんを無理に治療することはありません。まずは、院内の雰囲気に慣れるために、お口を開ける練習から始めます。治療が始まるのは、歯磨きの練習やフッ素塗布ができるようになってから。もちろん通院回数が増えてご家族にも負担が増えますが、お子さんに不安感や恐怖感を与えませんので、その後の治療がぐんと楽になります。歯科医ギライを克服するためにも、ぜひご理解ください。

痛くない、泣かない小児歯科

小児歯科お子さんは、ちょっとした痛みにも敏感です。まして治療時間が長引くと、不安感や恐怖心が強くなり、泣いたり暴れたりすることもあります。小児歯科で大切なことは「歯医者さんは楽しいところ」と思い込ませてしまうこと。それが、痛くない、泣かない小児歯科治療のコツと言えます。

しっかり褒めることが苦手意識を克服する 

小児歯科どんな些細なことでも、褒められれば嬉しくなってしまうもの。それはお子さんも同じです。当クリニックでは、どんな小さなことでも、お子さんをしっかり褒めます。

たとえば、自分から大きな口をあけてくれたり、泣かないで治療を受けてくれたりしたときは「えらいね」「よく頑張ったね」と、元気よく褒めてあげます。お子さんは褒められることで自信が生まれ、歯を大切にする気持ちが芽生えてきます。どんなことでも結構ですので、いっぱい褒めてあげましょう!

定期検診のすすめ

小児歯科お子さんの成長はとても早く、お口の中の環境もどんどん変化していきます。特に乳歯から永久歯に生え変わる時期は、大人になってからの歯の健康を左右する大切な時期。定期検診を受けることで、スムーズに移行することができます。

定期検診では、お口の中の状態を確認し、適切な処置を施し、必要に応じて歯磨き指導を行います。また、歯のクリーニングを施して汚れを取り除き、虫歯になりにくい環境を整えます。定期的に観察することで、虫歯の早期発見・早期治療につながり、歯並びが悪いお子さんは、治療を始める適切な時期を見極めることもできます。歯が丈夫で健やかなお子さんを育てるためにも、定期検診をおすすめしています。

当クリニックの小児歯科メニュー

しっかり汚れを落とす歯磨き指導【ブラッシング指導】小児歯科メニュー
虫歯が少ないお子さんは、歯磨き上手です。歯磨きの練習は歯が生え始めたころ頃から始まりますが、上手に歯ブラシを動かすことができません。虫歯を作らないためにも、できるだけ早い時期に歯磨き指導を受けましょう。

当クリニックでは、歯磨きのコツが身につくブラッシング指導を行っています。磨き残しのチェックをしながら、歯ブラシの動かし方を練習します。正しい歯磨きが身につきますので、ブラッシング指導を受けて、歯磨き上手なお子さんに育てましょう。

磨き残しの汚れを除去して虫歯を防ぐ【歯のクリーニング】小児歯科メニュー
お子さんの歯はとても柔らかく、汚れが残っているとすぐに虫歯になってしまいます。歯のクリーニングでは、お口の中を丁寧にお掃除し、残っている汚れを取り除きます。お口の中がさっぱりして虫歯になりにくくなりますので、清潔な環境を保つためにも、定期的な歯のクリーニングをおすすめしています。

歯を強くして虫歯を防ぐ【フッ素塗布】
フッ素には高い虫歯予防効果があります。フッ素は歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれます。フッ素ジェルやフッ素洗口剤、あるいはフッ素入り歯磨き剤などを使った歯磨きが効果的ですが、その中でも最も効果的な方法が、歯科医院で行うフッ素塗布です。なお、予防効果は3~4か月ですので、定期的なフッ素塗布をおすすめしています。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 小児歯科



TOP