トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » インプラント

世界的なシェアを誇るシステムで安全・安心なインプラント治療

インプラント治療

インプラント手術は30年以上の実績がある確立された治療ですが、未だに安全性を心配する声が後を絶ちません。最近では術式に改良が加えられ、より安全で低侵襲な手術が普及しています。また、手術にかかる時間も1~2時間程度。親知らずを抜歯する程度の処置で、術後の腫れや痛みもそれほど強くありません。

現在、さまざまなインプラント治療法がありますが、その中でも、当クリニックでは世界的に圧倒的なシェアを誇る「ITIインプラントシステム」と「ノーベルバイオケア社のインプラントシステム」を採用しています。これらは、多くの臨床実績を誇り、世界各国の歯科医療現場で採用されている信頼あるシステムです。

優れたシステムによる安全なインプラント手術を行っていますので、入れ歯やブリッジで満足できない方は、一度ご相談ください。

インプラントとはインプラントとは
インプラントとは、失った歯の機能を回復する治療で、あごの骨の中にインプラント(人工歯根)を埋入し、その上から人工歯を装着する治療です。歯を支える根本から回復できるので、天然の歯と同じような安定した噛み心地が得られます。また、周囲の歯を削る必要がありませんので、お口の中全体の健康を維持することができます。

院長執刀によるインプラント手術

インプラント治療院長は、地域のホームドクターとして、一人ひとりの患者さんに対して責任を持って最後まで診察したいと考えています。特にインプラントは、治療が終わってからが勝負です。メインテナンスを含め、お口の中の状態を院長が責任を持って管理することで、インプラントを長持ちさせることができます。

こうした考えのもと、当クリニックでは、院長自らが執刀するインプラント手術を行っています。診査・診断、治療計画から、手術とその後のメインテナンスまで、院長が患者さんの歯を責任持って維持いたします。当クリニックのインプラント治療で、生涯、ご自身の歯で噛める喜びを保ち続けましょう。

的確な診断がインプラントの安全性を高める

インプラント治療当クリニックでは、信頼性の高いインプラントシステムを採用し、確実に手術ができると判断した場合にインプラント治療を提案しています。言い換えれば、リスクが伴う方にはインプラントをおすすめしませんので、これまでに術中のトラブルや術後に腫れや痛みを訴える方もほとんどいません。

あごや骨の状態など総合的に診断し、万が一治療が難しいと思われるときは、インプラント専門医に紹介いたします。リスクが高ければ高いほど腫れや痛みが強くなり、手術後、安定するまでに時間がかります。また、せっかく治療をしても、インプラントが機能できないことも想定できるからです。

インプラント手術の安全性は確立されていますが、常に万が一の場合を想定した上で、手術に臨まなければなりません。想定できるリスクを極力避けることで、より安全で信頼性の高いインプラント手術が実現できると考えています。

長持ちさせるためのメインテナンスのすすめ

インプラント治療インプラントは、治療が終わってからが本当の治療の始まりと言われています。安定した状態を保ち続けるには、治療後のメインテナンスが重要です。お口の中の環境を維持することが、インプラントを長持ちさせる秘訣とも言えます。

当クリニックでは、メインテナンスの重要性をきちんとご説明し、定期検診の必要性を理解していただいた上でインプラント治療を受けていただいています。

メインテナンスが重要な理由
インプラント体はチタンでできていますので、あごの骨の中に埋入しても、錆びたり変質したり、虫歯になったりすることがありません。しかし、口腔ケアを怠っていると、インプラント周辺の歯肉が細菌に感染してインプラント歯周炎や歯周病になります。さらに悪化すると、インプラント体が脱落する恐れも。

インプラント歯周炎や歯周病は、毎日の歯磨きとメインテナンスで予防することができます。インプラントを長持ちさせるためにも、定期的なメインテナンスや歯のクリーニングを受けて、お口の中を清潔な状態に保ちましょう。

歯を失ったときの治療について

インプラント治療失った歯の機能を回復する治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントがあります。一般的な治療として入れ歯が普及していますが、装着時の違和感や不安定感に不満を持たれる方が少なくありません。またブリッジは、両隣にある歯を土台にして連結した人工歯を被せる方法です。そのため、健康な歯を削る必要があり、土台となる歯に強い力が加わり、結果的に歯の寿命を縮める恐れがあります。こうした入れ歯やブリッジのデメリットを補う治療がインプラントです。

インプラントは、ブリッジのように歯を削る必要がありません。また、根っ子から回復しますので、入れ歯のようにズレたり外れたりすることがなく、天然歯のような快適な噛み心地が得られます。現代の歯科医療において、失った歯の機能を回復する最も優れた治療法がインプラント治療と言えるでしょう。

「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の比較

<歯の機能を回復する治療方法>
治療法 メリット デメリット
入れ歯
入れ歯治療
・比較的、治療期間が短く、簡単に治療ができる
・健康保険が適用できる
・違和感がある
・噛んだときに不安定に感じることがある
ブリッジ
ブリッジ治療
・歯に人工歯を固定するので、安定感がある ・人工歯を装着するために、隣接歯を削らなければならない
・汚れが溜まりやすく、歯磨きが難しい
インプラント
インプラント治療
・自分の歯のような安定した噛み心地がある
・隣接する歯や噛み合わせる歯にダメージを与えない
・天然の歯と遜色のない自然な美しさがある
・外科的な手術が必要
・重度の糖尿病など全身疾患がある場合、状態によっては適応できないことがある
・自費治療のため全額自己負担となる

インプラントの症例

インプラント1
症例次へ症例

インプラントで歯のないところを治してほしいと希望され来院。インプラントを入れて綺麗になりました。

インプラント2
症例症例

入れ歯は入れたくないということで、インプラントを入れることになりました。

インプラント義歯
症例症例症例

入れ歯がガタつかないようにしてほしいと来院されました。
インプラントを3本埋入して、マグネットで固定しました。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » インプラント



TOP