トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 審美歯科

よく見られる口元だからこだわりたい美しさ

審美歯科

●奥歯の銀歯が気になるので白い歯に変えたい
●体に悪い素材を口の中に入れたくない
●治療した歯だけが白く浮いて見えるので、気になる

こうした、被せ物や詰め物が気になる方はいませんか。歯の色や形が不自然だと、口元の印象が悪く見えます。こうした口元の悩みを解消する治療が、審美歯科治療です。審美歯科とは、歯の美しさに重点を置いた治療で、審美性の高い素材を使うことで、白くて美しい口元にすることができます。

健康的で美しい口元を作る審美歯科

審美歯科当クリニックでは、セラミックス素材を使った最先端の審美歯科治療に力を入れています。セラミックスは天然の歯と遜色のない自然な美しさがあり、機能性、耐久性、生体親和性にも優れた素材として、審美歯科治療において広く使われています。また、金属を一切使わないメタルフリー素材ですので、金属による歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーの心配もありません。

口元が美しくなるとお顔全体が明るくなり、健康的でアクティブなイメージを演出してくれます。当クリニックの審美歯科治療で、輝かしい人生を手に入れましょう。

全身の健康を意識した審美歯科治療

近年、銀歯に含まれる重金属(銀・銅・パラジウムなど)の安全性が疑問視されています。お口の中で腐食した重金属が体内に入ると、金属アレルギーやアトピー性皮膚炎などの健康被害が起きるというものです。銀歯に変わり、体に悪い影響を与えない素材として注目を集めているのが、セラミックスなどのメタルフリー素材です。

審美歯科次へ審美歯科

メタルフリー素材は金属を一切使っていませんので、金属アレルギーの心配がありません。また、審美性・耐久性にも優れていますので、天然歯のような自然な美しさと安定感が得られます。

当クリニックでは、さまざまな特徴を持つメタルフリー素材を多数取り扱っていますので、より自然な美しさと健康を求めている方は、お気軽にご相談ください。

当クリニックの審美歯科メニュー

【オールセラミックスクラウン】天然歯と間違えるほどの美しさ審美歯科メニュー
セラミック(陶器)素材を使った人工歯で、天然の歯と遜色のない自然な色合いと透明感が再現できます。審美性に優れ、主に前歯の治療に適しています。メタルフリー素材ですので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。なお、噛み合わせたときに強い力を加えると、破損する恐れがあります。特に歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は、治療前にご相談ください。

【ジルコニアセラミックス】奥歯を白くて美しい歯に審美歯科メニュー
人工ダイヤモンドの上からセラミックスを焼き付けた人工歯です。天然歯に近い色合いがあり、優れた審美性があります。ただし、オールセラミックスに比べると微妙な色調整ができません。強度に優れているので奥歯の治療に最適ですが、噛み合う歯に強い負担を与えることがあります。メタルフリー素材ですので、金属アレルギーのある方でも安心です。

【ハイブリットセラミックス】コストパフォーマンスで選ぶなら審美歯科メニュー
セラミックスとプラスチックを混合して焼き固めた人工歯です。両方の素材の特性を持ち、自然な色合いと透明感があり、歯に優しい素材です。メタルフリー素材ですので、金属アレルギーがある方でも安心してお使いいただけます。なお、強い力が加わると破損する恐れがありますので、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は、治療前にご相談ください。

【セラミックスラミネートベニア】削らずに白くて美しい歯に審美歯科メニュー
歯の表面を薄く削り、天然の歯に近い色のラミネートベニアをその上から貼り付けて、見た目を美しく整えます。歯に大きな負担を与えずに歯の色や形、詰め物の変色などを解消できます。歯肉との境目や歯の色、透明度は天然歯に近く、より自然な仕上がりです。

【ゴールド】ソフトな噛み心地で奥歯に最適審美歯科メニュー
ほどよい硬さがあり、歯に馴染みやすく噛み合わせた歯とぴったり噛み合います。詰め物や被せ物の隙間を抑えることができるので、虫歯の感染リスクを軽減できます。金属アレルギーを引き起こしにくい素材です。なお、目立ちやすいため、奥歯などの治療に適しています。

審美歯科の症例

オールセラミック
症例次へ症例

前歯の差し歯の変色が気になり来院されました。
オールセラミックにて修復しました。

ジルコニアセラミック
症例次へ症例

歯のないところに自然感を持たせて治してほしいと来院されました。
ジルコニアセラミックにて修復しました。

メタルセラミック
症例次へ症例
症例症例

歯のないところをキレイにしてほしいと来院されました。
メタルセラミックブリッジで修復しました。

セラミックインレー
症例症例
次へ
症例症例

金属アレルギーがあるため、金属の詰め物からセラミックに替えました。

その他の症例はこちら


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 審美歯科



TOP