トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 矯正歯科

小児矯正

小児矯正

●子どもがすきっ歯だけど、矯正した方がいいのか判断がつかない
●いつも口を半開きにしているけど、このままで大丈夫だろうか
●歯並びが不揃いなので、早い時期に矯正してあげたい

こうした、お子さんの歯並びや噛み合わせを心配している方はいませんか。近年、歯とあごの骨のアンバランスが原因の、歯並びが悪いお子さんが増えています。お子さんの不正歯列は、あごの骨の成長を促す床矯正で改善することができます。当クリニックでは、虫歯のないお子さんに育てるために、矯正治療に取り組んでいます。

子どもの虫歯治療(小児歯科)はこちら

発育を利用して永久歯を抜かない矯正を

小児矯正当クリニックでは、お子さんの早期矯正治療をおすすめしています。矯正治療はいくつになっても始められます。しかし大人になってから始めると、歯を移動させるスペースを作るために、抜歯が必要となるケースがほとんどです。

小児矯正は、お子さんの成長を利用して、あごの発育を促しながら歯や噛み合わせを正常な位置に導いていく治療です。早期に矯正治療を行うことで、永久歯になってからの矯正治療で抜歯をする必要がほとんどなくなります。歯やあごの状態を見ながら適切な治療時期を見極め、理想の歯並びに導く矯正治療を行います。お子さんの歯並びが気になる方は、早めにご相談ください。

不正歯列の原因は口呼吸!?

矯正歯科最近、お子さんの虫歯は減ってきましたが、その一方で歯並びが悪い子が増えています。そうしたお子さんに目立つのが「口呼吸」です。皆さんも口を開けた状態で呼吸をしてみてください。気道に息を送るために、舌の位置が大きく下がっていませんか。その状態が長く続くと、あごが正常に発育しなくなり、不正歯列や不正咬合にもなり兼ねません。また、お口の中が乾燥するため虫歯になりやすく、さまざまな病気を引き起こすとも言われています。

舌の位置を上にあげるトレーニング指導
口呼吸は、舌の位置を上にあげるトレーニングをすることで改善できます。当クリニックでは、矯正治療を受けているすべてのお子さんに、口呼吸を改善するトレーニングを指導しています。また、それ以外のお子さんでも、必要に応じて指導することがあります。

鼻から息を吸うことでお口の中が正常な環境となり、不正歯列や不正咬合を防ぐことができます。お子さんの呼吸の様子がおかしいと感じたら、早めにご相談ください。

矯正を始めるタイミング

矯正歯科小児矯正は、治療を始めるタイミングが非常に重要です。適切な時期に始めないと、あごがずれてしまう可能性があります。治療を始める適切なタイミングは2つあり、お子さんのお口の中の状態を調べ、必要に応じた時期に治療を開始します。

早いお子さんで3歳頃からスタート
乳歯を矯正する場合は、3~5歳頃から始めます。その次の時期は、前歯や奥歯が永久歯に生え変わる6~7歳頃です。また、小児矯正はお子さんの成長を利用して行うため、歯やあごの状態によっては、経過観察を必要とする場合もあります。半年~1年ごとに通院し、様子を見ながら治療を始める適切な時期を見極めます。

不正歯列や不正咬合があるお子さんがそのままの状態で成長すると、永久歯に生え変わったあとに矯正治療が難しくなる場合があります。少しでも歯並びが気になりましたら、なるべく早めにご相談ください。

<小児矯正治療のメリット>
●あごの成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる
●永久歯を抜かない矯正ができる可能性が高まる
●お口の本来の機能を取り戻す
●コンプレックスを取り除き、健やかな精神発育を促せる
●永久歯での矯正期間が短くなる

矯正治療の適齢期

年齢 口の状態 治療開始判断 適齢期
3歳(幼稚園) 乳歯がはえそろう 口の健康管理が開始可能な年齢    
4歳 条件が揃えば早期の第一期治療が開始可能な年齢 第一期治療
6歳(小学校入学) 6歳臼歯がはえる。前歯が交換を始める。 通常、第一期治療を開始する年齢
8歳 前歯4本がはえそろう この時期までには第一期治療を開始したい年齢
10歳 横の乳歯が交換を始める
12歳(中学校入学) 乳歯の交換が終わり、12歳臼歯がはえ始める。 第二期治療が開始可能な年齢 親知らずの抜歯を検討する年齢 第二期治療
15歳(高校入学) 永久歯が完全にはえそろう
18歳(高校卒業)
20歳(成人)
成人~      

矯正歯科の症例

子どもの不正咬合1
症例症例症例
次へ
症例症例症例
症例

子どもの不正咬合2
症例次へ症例

当医院では、子どもの頃からの不正咬合を正常に発育誘導しています。

子どもの不正咬合3
症例症例
次へ
症例症例

子どもの不正咬合4
ダミー症例症例
症例症例症例
症例症例ダミー

次へ
ダミー症例症例
症例症例症例
症例症例ダミー

子どもの不正咬合5
ダミー症例症例
症例症例症例
症例症例ダミー

次へ
ダミー症例症例
症例症例症例
症例症例ダミー

子どもの不正咬合6 前歯が出ている
ダミー症例ダミー
症例症例症例
症例症例ダミー
次へ
ダミー症例ダミー
症例症例症例
症例症例ダミー
次へ
ダミー症例ダミー
症例症例症例
症例症例ダミー

前歯がガタガタ
症例次へ症例

受け口
症例次へ症例

過蓋咬合1
症例次へ症例

過蓋咬合2
症例次へ症例

永久歯がはえる場所がない
症例症例症例
次へ
症例症例症例

その他の症例はこちら


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 矯正歯科



TOP