トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 口腔外科

口腔外科

口腔外科

●かかりつけの歯科医院では、親知らずの抜歯ができないと言われた
●親知らずの抜歯はどうして難しいの?
●親知らずは痛くなくても抜歯しないといけないの?

こうした、親知らずの抜歯について不思議に思っていることはありませんか。親知らずは、根が横に生えていたり、歯が骨の中に埋まっていたりすることが多く、一般歯科で抜歯が難しい場合があります。口腔外科医がいる歯科医院や大学病院に紹介するケースがほとんどです。当クリニックには口腔外科専門医が在職していますので、親知らずの抜歯も院内で処置いたします。

専門医による高度な口腔外科

口腔外科当クリニックの口腔外科専門医は、奈良県立医科大学口腔外科で学び、日本口腔外科学会が認定する専門医の資格を持つ口腔外科のエキスパートです。優れた技術力を持ち、顎関節症や口腔粘膜疾患、外傷まで、さまざまな口腔内疾患の治療を得意としています。

当クリニックの診療では、親知らずの抜歯はもちろんのこと、重度の口内炎や顎関節症の治療から、腫瘍や粘膜疾患の早期発見に努めております。また、県立医科大学や平成記念病院と提携を図っておりますので、口腔がんなど命にかかわる重大な病気を発見した場合は連携を取り、速やかに専門性の高い治療を提供することができます。

抜歯後はお口の中を総合的に管理します
口腔外科はあまり馴染みがない方も多いかもしれませんが、一番多い症例が親知らずの抜歯です。根が横に生えていたり、歯肉の下に埋まっていたりする複雑な親知らずの治療は、口腔外科の経験がないと難しいと言えます。

当クリニックには、親知らずの抜歯の豊富な経験を持つ口腔外科専門医が在籍し、難易度の高い親知らずも院内で処置できます。抜歯後も、虫歯や歯周病などを含めて総合的に管理いたします。お口全体の健康管理に努めておりますので、親知らずの抜歯も安心してお任せください。

口腔外科とは

口腔外科口腔外科とは、お口の中で外科手術を必要とする治療です。一般的な歯科医院で行われる身近な外科手術には、骨の中に埋まっている親知らずの抜歯や、歯肉切除や骨移植などの歯周外科、インプラント手術などがあります。

口腔外科では、咀しゃく・嚥下・発音といった顎口腔機能全体を捉えているため、幅広い病気や治療に対応しています。顎関節症の診断・治療、あごやお口の中のさまざまな病気の治療からストレス障害の内科的処置まで、治療内容は多岐にわたります。

<口腔外科で扱う内容>
・埋伏している親知らずや、一般歯科では困難な歯の抜歯
・顎関節症の診断と治療
・感染による炎症の治療
・のう胞・腫瘍の診断と治療
・インプラント治療

親知らずはなぜ処置が難しいの?

口腔外科親知らずは根が横になっていたり、途中で曲がっていたり、あごの中に埋まっていたりすることが多く、処置が難しい歯です。骨の中に埋没している親知らずは神経や血管に近い部分にあるため、通常の抜歯に比べてより慎重にならざるを得ません。万が一処置中に傷つけてしまうと、神経麻痺や出血の恐れがあります。

正常に生えている親知らずは、一般の歯科医院でも対応が可能です。しかし、複雑に生えている親知らずの場合は抜歯が難しく、万が一大出血を起こした場合、技術や設備が整っていなければ速やかに対応することができません。こうしたトラブルを避けるために、多くの一般歯科医院では、専門設備が整っている大学病院や、症例経験が豊富な歯科医師、口腔外科専門医に紹介するケースが多いのですが、当院では難しい症例も対応することが可能ですので、ご安心ください。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 口腔外科



TOP