トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 一般歯科 » 虫歯の進行状況と治療方法

虫歯の進行状況と治療方法

Co(シーオー:初期う蝕、要観察歯)Co
歯が溶け出して虫歯が始まっていますが、穴があいていたり、黒くなっていたりしていません。フッ素入りの歯磨き剤を使って歯磨きをしっかり行うことで、治療をせずに歯を再石灰化させることができます。

C1(エナメル質う蝕)C1
歯の表面にあるエナメル質が虫歯菌に浸食され、小さな穴があいています。象牙質まで広がっていませんので、痛みはありません。治療は、歯を最小限に削って、保険適用の白い詰め物を入れます。

C2(象牙質う蝕)C2
虫歯が象牙質にまで達しているため、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触れると痛みを感じるので、麻酔をして治療します。虫歯が小さければ保険適用の白い詰め物を入れますが、奥深くまで広がっているときは、患部を大きく削って詰め物を入れます。

C3(神経まで達したう蝕)C3
虫歯が神経まで達していて激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死すると、細菌が根の外で炎症を起こして膿や歯ぐきの腫れなどの症状が現れます。治療は、麻酔をして神経や膿を取り除く処置(根管治療)を施します。

C4(残根状態)C4
歯質がほとんどなくなって根だけが残っています。治療が難しく、抜歯となるケースが多くなります。治療可能な歯質が残っているときは、根管治療で歯を保存します。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 一般歯科 » 虫歯の進行状況と治療方法



TOP