トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 一般歯科 » 麻酔注射を使った痛みの少ない治療

麻酔注射を使った痛みの少ない治療

一般歯科治療中で最も気になるのが、歯を削るときの痛みや麻酔注射の違和感です。当クリニックでは、麻酔注射を使った痛みの少ない治療を行っています。

麻酔注射を使うときは、事前に表面麻酔を施します。表面麻酔とは、ジェル状の麻酔薬で、粘膜に塗布すると感覚が麻痺してきます。また、できるだけ痛みが感じにくい部位を選んで針を刺しますので、針を刺したときの"チクっ"とした痛みを感じにくくなります。さらに、電動麻酔器を使ってゆっくりと一定の速度で麻酔液を注入しますので、薬を入れるときの違和感を軽減することができます。

心を込めて針を刺すから痛くない
さらに、院長ならではの取り組みが、心を込めて麻酔注射をすること。心の中で「痛くありませんように」と願いながら針を刺します。一人ひとりの患者さんを大切にする思いが通じるのか、患者さんの評判が良く、多くの方が「いつ麻酔注射をしたのかわからなかった」とおっしゃってくださいます。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 一般歯科 » 麻酔注射を使った痛みの少ない治療



TOP