トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 一般歯科 » 的確な処置で再治療を防ぐ

的確な処置で再治療を防ぐ

一般歯科治療後の状態を経過観察していると、再治療の繰り返しが非常に目立ちます。始めは小さな虫歯でも、詰め物を入れた部分から新たな虫歯ができると、さらに削る量が増えて抜髄処置をしなければなりません。こうした再治療を繰り返していくと歯質がなくなり、抜歯するしか方法がなくなります。再治療を避けるには、一つひとつの処置を的確に行うことが大切だと当クリニックでは考えます。

削る量を最小限に抑えつつも、悪い部分をしっかり取り除き、きちんと薬を詰め、歯と詰め物や被せ物の間に隙間ができないように補綴物を入れる。段階を追いながら、ワンステップごとに確実な処置をすることで、再治療の少ない長持ちする治療を行っています。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 一般歯科 » 的確な処置で再治療を防ぐ



TOP