トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 小児歯科 » 暴れる子どもには、時には愛情を持って厳しく接します

暴れる子どもには、時には愛情を持って厳しく接します

小児歯科治療中に怖い思いを経験したお子さんは、恐怖心が芽生えてしまい、その後の治療にも悪い影響を与えます。また、嫌がるのに無理に治療をすると、お口の中を傷つける事故にもつながるため大変危険です。お子さんは、時間をかければやがて歯医者さんに慣れてきます。小児歯科においては、じっくり待つことも治療の一つです。

当クリニックでは、嫌がるお子さんを無理に治療することはありません。まずは、院内の雰囲気に慣れるために、お口を開ける練習から始めます。治療が始まるのは、歯磨きの練習やフッ素塗布ができるようになってから。もちろん通院回数が増えてご家族にも負担が増えますが、お子さんに不安感や恐怖感を与えませんので、その後の治療がぐんと楽になります。歯科医ギライを克服するためにも、ぜひご理解ください。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 小児歯科 » 暴れる子どもには、時には愛情を持って厳しく接します



TOP