トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 小児歯科 » 院長と一緒に遊べる楽しい小児歯科

院長と一緒に遊べる楽しい小児歯科

小児歯科お子さんが診察中にぎゅっと口を閉じてしまうのは、歯医者さんが怖い場所だと感じているからです。もし歯医者さんが「楽しい場所」であれば、ドクターが何も言わなくても、自ら大きな口をあけてくれて治療がしやすくなります。

当クリニックの診察室には、お子さんの笑い声があふれています。院長はお子さんの気持ちになりきって、仲良くなっていきます。時には仮面ライダーの敵役になりきったり、歌を歌って笑わせたり。お子さんの興味を引きながら、どんどん距離を縮めていきますので、お子さんの意識を歯に集中させません。気づいたときには治療が終わっています。お子さん1人でも診察できますので、ご安心ください。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 小児歯科 » 院長と一緒に遊べる楽しい小児歯科



TOP