トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » インプラント » 歯を失ったときの治療について

歯を失ったときの治療について

インプラント治療失った歯の機能を回復する治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントがあります。一般的な治療として入れ歯が普及していますが、装着時の違和感や不安定感に不満を持たれる方が少なくありません。またブリッジは、両隣にある歯を土台にして連結した人工歯を被せる方法です。そのため、健康な歯を削る必要があり、土台となる歯に強い力が加わり、結果的に歯の寿命を縮める恐れがあります。こうした入れ歯やブリッジのデメリットを補う治療がインプラントです。

インプラントは、ブリッジのように歯を削る必要がありません。また、根っ子から回復しますので、入れ歯のようにズレたり外れたりすることがなく、天然歯のような快適な噛み心地が得られます。現代の歯科医療において、失った歯の機能を回復する最も優れた治療法がインプラント治療と言えるでしょう。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » インプラント » 歯を失ったときの治療について



TOP