トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » インプラント » 院長執刀によるインプラント手術

院長執刀によるインプラント手術

インプラント治療院長は、地域のホームドクターとして、一人ひとりの患者さんに対して責任を持って最後まで診察したいと考えています。特にインプラントは、治療が終わってからが勝負です。メインテナンスを含め、お口の中の状態を院長が責任を持って管理することで、インプラントを長持ちさせることができます。

こうした考えのもと、当クリニックでは、院長自らが執刀するインプラント手術を行っています。診査・診断、治療計画から、手術とその後のメインテナンスまで、院長が患者さんの歯を責任持って維持いたします。当クリニックのインプラント治療で、生涯、ご自身の歯で噛める喜びを保ち続けましょう。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » インプラント » 院長執刀によるインプラント手術



TOP