トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 歯周病治療 » 歯周病がもたらす病気

歯周病がもたらす病気

歯周病がもたらす病気歯周病で歯が抜けても、放置したままの方はいませんか。歯周病は、糖尿病・早産・心臓病・肺炎など、全身疾患と密接な関わりがあります。特に心臓病や糖尿病などの成人病は、歯周病菌が影響を与えているとも言われています。

<歯周病がもたらす全身疾患>
肥満
脂肪細胞が全身に炎症を引き起こすと言われています。肥満気味の方が歯周病になると、歯肉の炎症を悪化させる要因となります。また、歯周病による炎症から肥満になる場合もあると言われています。

糖尿病
歯周病菌により糖尿病を発症することがあります。また、糖尿病で免疫力が低下すると歯周病になりやすいとも言われていて、歯周病治療をしたあとに糖尿病が改善されたケースの報告もあります。

脳卒中
歯周病菌が作り出したアテローム性プラークが血液の中に入り込むと、血栓で血管を塞ぎ、脳卒中を引き起こします。

早産/低体重児出産
妊婦さんの血中濃度が歯周病菌の毒素や炎症物質で高まると、子宮筋が収縮して早産や低体重児出産を招く恐れがあります。

誤嚥(ごえん)性肺炎
唾液の中に口内細菌が混じり、気道から肺に入ることで起こる肺炎です。ご高齢者の死亡原因として多い病気です。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 歯周病治療 » 歯周病がもたらす病気



TOP