トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 歯周病治療 » 虫歯治療の前のプラークコントロールで歯を長持ちさせる

虫歯治療の前のプラークコントロールで歯を長持ちさせる

歯周病患者さんの中には、虫歯と歯周病を併発している方もいます。痛みや腫れがひどい場合は応急処置を施しますが、当クリニックでは、歯肉の状態を安定させるために、歯周病治療と虫歯治療を並行して治療を進めます。

それぞれ別日程で行うため通院回数が増えますが、歯肉の状態が悪いまま虫歯治療を進めると、やがて歯周病が悪化して、ひどいときには歯が抜け落ちてしまいます。プラークコントロールをしっかり行うことで、歯周病の進行を食い止めることができます。そのためにも歯周病治療が欠かせません。歯型は、歯肉の状態が安定したあとに取りますので、歯と補綴物の隙間がなくなり、長持ちさせることができます。

なお、患者さんのご都合を考慮いたしますので、通院についてご相談などがありましたら、遠慮なくお話しください。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 歯周病治療 » 虫歯治療の前のプラークコントロールで歯を長持ちさせる



TOP