トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 矯正歯科 » 矯正を始めるタイミング

矯正を始めるタイミング

矯正歯科小児矯正は、治療を始めるタイミングが非常に重要です。適切な時期に始めないと、あごがずれてしまう可能性があります。治療を始める適切なタイミングは2つあり、お子さんのお口の中の状態を調べ、必要に応じた時期に治療を開始します。

早いお子さんで3歳頃からスタート
乳歯を矯正する場合は、3~5歳頃から始めます。その次の時期は、前歯や奥歯が永久歯に生え変わる6~7歳頃です。また、小児矯正はお子さんの成長を利用して行うため、歯やあごの状態によっては、経過観察を必要とする場合もあります。半年~1年ごとに通院し、様子を見ながら治療を始める適切な時期を見極めます。

不正歯列や不正咬合があるお子さんがそのままの状態で成長すると、永久歯に生え変わったあとに矯正治療が難しくなる場合があります。少しでも歯並びが気になりましたら、なるべく早めにご相談ください。

<小児矯正治療のメリット>
●あごの成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる
●永久歯を抜かない矯正ができる可能性が高まる
●お口の本来の機能を取り戻す
●コンプレックスを取り除き、健やかな精神発育を促せる
●永久歯での矯正期間が短くなる


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 矯正歯科 » 矯正を始めるタイミング



TOP