トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 矯正歯科 » 不正歯列の原因は口呼吸!?

不正歯列の原因は口呼吸!?

矯正歯科最近、お子さんの虫歯は減ってきましたが、その一方で歯並びが悪い子が増えています。そうしたお子さんに目立つのが「口呼吸」です。皆さんも口を開けた状態で呼吸をしてみてください。気道に息を送るために、舌の位置が大きく下がっていませんか。その状態が長く続くと、あごが正常に発育しなくなり、不正歯列や不正咬合にもなり兼ねません。また、お口の中が乾燥するため虫歯になりやすく、さまざまな病気を引き起こすとも言われています。

舌の位置を上にあげるトレーニング指導
口呼吸は、舌の位置を上にあげるトレーニングをすることで改善できます。当クリニックでは、矯正治療を受けているすべてのお子さんに、口呼吸を改善するトレーニングを指導しています。また、それ以外のお子さんでも、必要に応じて指導することがあります。

鼻から息を吸うことでお口の中が正常な環境となり、不正歯列や不正咬合を防ぐことができます。お子さんの呼吸の様子がおかしいと感じたら、早めにご相談ください。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 矯正歯科 » 不正歯列の原因は口呼吸!?



TOP