トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 口腔外科 » 親知らずはなぜ処置が難しいの?

親知らずはなぜ処置が難しいの?

口腔外科親知らずは根が横になっていたり、途中で曲がっていたり、あごの中に埋まっていたりすることが多く、処置が難しい歯です。骨の中に埋没している親知らずは神経や血管に近い部分にあるため、通常の抜歯に比べてより慎重にならざるを得ません。万が一処置中に傷つけてしまうと、神経麻痺や出血の恐れがあります。

正常に生えている親知らずは、一般の歯科医院でも対応が可能です。しかし、複雑に生えている親知らずの場合は抜歯が難しく、万が一大出血を起こした場合、技術や設備が整っていなければ速やかに対応することができません。こうしたトラブルを避けるために、多くの一般歯科医院では、専門設備が整っている大学病院や、症例経験が豊富な歯科医師、口腔外科専門医に紹介するケースが多いのですが、当院では難しい症例も対応することが可能ですので、ご安心ください。


トップへ » 初めての方へ(治療の流れ) » 口腔外科 » 親知らずはなぜ処置が難しいの?



TOP