トップへ » 保険と自費の違い

自費治療は保険診療とどう違う?

自費治療は保険診療

●自費と保険の入れ歯、どう違うの?
●白い歯にしたいけど、どうして費用が高いの?
●銀歯から白い歯に変えたいけど、保険でできるの?

自費治療と保険診療の違いがよくわからない、という声を聞くことがあります。歯科治療は、全額自己負担で受ける自費治療と、費用の一部を負担する保険診療とがあります。治療内容や使用する薬や材質、材料などにより、自費治療と保険診療に分かれます。それぞれに特徴がありますが、一般的には、保険診療では対応しきれないより精度の高い治療を受けるときは、自費治療になるケースが多いと言えます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、説明をきちんと受けた上で、ご自身で選択することができます。

天然の歯と末永く付き合うために

保険と自費の違い日本には健康保険制度があり、日本国民であれば保険証の発行を受けて、治療費用の3割(または2割)を負担するだけで一定水準の治療が受けられます。

保険診療の大きな目的は、虫歯や歯周病などの主訴を治すこと。その目的から、治療方法や使用する薬・材質などが指定されているため、一定水準の治療となります。審美性を追求する審美歯科治療や、より高度な技術を必要とするインプラント治療、より快適で安定感のある入れ歯治療など、ハイレベルな治療を望む場合は、保険が適応できませんので全額自己負担となります。

患者さんには選ぶ権利がありますので、医師から十分な説明を受けたあと、ご要望やご都合に合わせて、ご自身の判断で自費・保険のいずれかを選択することができます。なお、審美性・機能性・快適性を重視する場合は、自費治療となります。

なお、保険診療は治療の質が落ちると思っている方が多いようですが、決してそのようなことはありません。確かに薬や治療方法に制限はありますが、一つひとつの処置を的確に行うことで、治療の質を高めることができます。こうしたことを考慮した上で、診療方法を選択すると良いでしょう。

自費治療と保険診療の違い

【自費と保険1】治療費負担額の違い
●自費治療は保険が適用できませんので、治療にかかった費用は全額自己負担となります。また、使用する薬や材料、治療方法などの違いにより費用が変わります。そのため、治療方法は同じでも、歯科医院によって治療費が変動します。

●保険診療は保険が適用でき、自己負担額が治療費の3割または2割となります。保険制度によって、症状ごとに治療方法や使用する材質が明確に定められています。治療方法が変わらなければ、すべての歯科医院で同一費用となります。

【自費と保険2】使用する材質の違い
●自費治療は、使用する材質に制限がありません。セラミックスやジルコニアなど審美性・耐久性・適合性に優れた良質な素材が多く、目的に応じて選ぶことができます。審美歯科治療やインプラント治療、安定した入れ歯など、より高度な治療を求めるときは自費治療となります。また、自費のセラミックス素材は汚れや細菌がつきにくく、適合性に優れています。また、噛み合う歯に負担をかけませんので、歯を長持ちさせることができます。

●保険診療は、使用する材質に制限があります。奥歯は銀色の詰め物や被せ物、前歯は表面だけを白くした被せ物と定められています。また、金属素材を使用するため、金属アレルギーを引き起こすことがあります。

【自費と保険3】型取りの印象剤の違い
●自費治療で使用するのは、シリコン系やラバー系の印象剤などです。乾燥が少なく、精度の高い型取りができるので、ぴったり合う補綴物やズレやガタツキの少ない入れ歯に仕上げることができます。また、歯と補綴物の間にできる隙間が少ないので、汚れが溜まりにくく、歯を長持ちさせることができます。

●保険診療で使用するのは、主に寒天系の印象剤です。水分を多く含み、乾燥すると縮小するため仕上りの精度が落ちます。歯と補綴物の間にできる隙間に汚れが溜まり、虫歯や歯周病に感染する恐れがあります。

患者さんの全身の健康を考えたら、やはり自費がおすすめです

自費治療補綴物における自費と保険の違いは、精密性・審美性・機能性です。保険治療の補綴物は、使用する印象剤や技工方法などにより精密さに欠け、歯と補綴物の間に隙間ができやすく、二次的なカリエスが起きやすくなります。また、補綴物も金属素材を使用するため、金属アレルギーを引き起こす恐れも考慮する必要があります。

患者さんのニーズはさまざまですが、審美性・耐久性・機能性、さらには金属アレルギーや歯肉との相性などを考慮すると、保険では対応できません。当クリニックが自費をおすすめするのは、患者さんの歯と体に優しい素材をご提供したいと考えているからです。

より高度な機能性や快適性を実現する治療をご案内しています

当クリニックでは、審美歯科治療やインプラント治療、ワンランク上のトリートメントケアなど、より高度な機能性・快適性を実現する治療をご案内しています。

【トリートメントケア】ワンランク上の予防トリートメントケア
トリートメントケアとは、さらに美しさを追求した歯のクリーニングで、専用トリートメントペーストを使って歯の表面を磨き上げていきます。使用するトリートメントペーストは、エナメル質と同じ成分を持つハイドロキシアパタイト。歯の表面に塗り込んでいくことで細かい傷を修復し、歯質を強化します。処置後は歯の表面がツルツルになり、滑らかな心地良さが得られます。継続することで、自然でツヤと輝きのある歯になります。ぜひ一度お試しになってみませんか?詳しくはスタッフにお尋ねください。

●PMTCとトリートメントケアの違い
PMTCは予防のためのクリーニングですが、トリートメントケアはシャンプー後の髪にトリートメント剤で栄養を与えるように、歯面を健康で美しくするためのケアです。

<トリートメントケアのメリット>
・歯にツヤと潤いを与えて透明感が出る
・歯のくすみがなくなり、白さと輝きが蘇る
・歯の表面に飲食物の着色やステインが付着しにくくなる
・プラークがつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防につながる


トップへ » 保険と自費の違い



TOP