トップへ » 保険と自費の違い » 患者さんの全身の健康を考えたら、やはり自費がおすすめです

患者さんの全身の健康を考えたら、やはり自費がおすすめです

自費治療補綴物における自費と保険の違いは、精密性・審美性・機能性です。保険治療の補綴物は、使用する印象剤や技工方法などにより精密さに欠け、歯と補綴物の間に隙間ができやすく、二次的なカリエスが起きやすくなります。また、補綴物も金属素材を使用するため、金属アレルギーを引き起こす恐れも考慮する必要があります。

患者さんのニーズはさまざまですが、審美性・耐久性・機能性、さらには金属アレルギーや歯肉との相性などを考慮すると、保険では対応できません。当クリニックが自費をおすすめするのは、患者さんの歯と体に優しい素材をご提供したいと考えているからです。


トップへ » 保険と自費の違い » 患者さんの全身の健康を考えたら、やはり自費がおすすめです



TOP