トップへ » 保険と自費の違い » 天然の歯と末永く付き合うために

天然の歯と末永く付き合うために

保険と自費の違い日本には健康保険制度があり、日本国民であれば保険証の発行を受けて、治療費用の3割(または2割)を負担するだけで一定水準の治療が受けられます。

保険診療の大きな目的は、虫歯や歯周病などの主訴を治すこと。その目的から、治療方法や使用する薬・材質などが指定されているため、一定水準の治療となります。審美性を追求する審美治療や、より高度な技術を必要とするインプラント治療、より快適で安定感のある入れ歯治療など、ハイレベルな治療を望む場合は、保険が適応できませんので全額自己負担となります。

患者さんには選ぶ権利がありますので、医師から十分な説明を受けたあと、ご要望やご都合に合わせて、ご自身の判断で自費・保険のいずれかを選択することができます。なお、審美性・機能性・快適性を重視する場合は、自費治療となります。

なお、保険診療は治療の質が落ちると思っている方が多いようですが、決してそのようなことはありません。確かに薬や治療方法に制限はありますが、一つひとつの処置を的確に行うことで、治療の質を高めることができます。こうしたことを考慮した上で、診療方法を選択すると良いでしょう。


トップへ » 保険と自費の違い » 天然の歯と末永く付き合うために



TOP